週末に感じたこと。「長文です」

私は離婚して
しばらくしてから同級生とお付き合いを
始めました・・・
一緒に娘と3人で暮らしたこともあります。

13年、お付き合いしたところで
結婚をしようという気持ちに私がなれなくて
1度、離れようと話し合い
実家に戻って貰いました。

でも
元々同級生ということもあり
地元の友達と飲むときなどは
自然と一緒に飲んでいたし
大げんかしたわけでもないので
友達・・という形での
付き合いはしていました。

彼とまだ同居をしているときに
最初のチョコを迎え
犬が大嫌いな彼は反対でしたが
私の家だし、関係ないでしょって事で
迎え・・・
そしてココアが来ました。

子どもの頃から犬が嫌いな彼は
ココアの扱いも下手
その後来たルイの扱いも・・・
でも可愛さが分かってからは
足りない部分はあるにしても
面倒をよく見てくれて
お散歩にもよく行ってくれました。

週末に家に来てココアとルイの面倒を
見ることが生きている意味だと
言うほど、週末には二人に会いに来ていました。

ココアの具合が悪くなり
明け方、もうダメかもと思ったとき
最期は彼も一緒に・・・と思い
明け方電話で呼び
すぐ駆けつけてくれました。

1日目
彼と娘と私とで3人で交替で
ココアの世話をすることにしました。
あのとき私はぎっくり腰で動けなくて・・・
でもココアの為に
サークルを作ろうということになり
ホームセンターに娘と行ってほしい。と
言ったとき、俺が残るから行ってこい。と
言われて・・・
でも私は動けないしココアのそばに
私がいた方が安心するはず。と娘の意見で
彼は渋々、出掛けていった。
車の運転も娘
そのサークルを作ったのも娘

娘のイライラは分かっていたけど
その時はココアの事を最優先にして・・・

2日目の夜中、ココアは息を引き取った。
何時間も苦しんで
こぅちゃん・・こぅちゃんと
みんなが呼ぶ中
ココアは息を続けてくれた。

ココアが息を引き取る間際
彼が大あくびをしていた。
本当に最期
彼はキッチンでジュースを飲んでいた。

そして翌日
朝から大盛りカレーを食べていた。

姉や友達がココアの訃報を聞き
駆けつけてくれている中
嫌な顔していた・・・

荼毘に付す日
友達がココアを送り出す準備のために
花を持って何か食べなきゃといって
サンドイッチを持ってきてくれていた時も
嫌な顔をする。
人が来るたびに
なんで来るんだよ的な顔をする。

斎場に行く道も
娘が、ママ最期なんだから私が運転するから
ココアを抱いてあげて・・・と言ってくれる中
平然と助手席の乗る。
帰り道も同じ・・・

そして
火葬が始まりルイと外で待ちましょうとなり
芝生の場所に行く道で
火葬っていくら?高いな・・と
無神経に私に言う。
出したのは私だし今、お金の話?
思ったけど
言い返す気持ちにもならなかった。

ココアが亡くなり彼の言動、行動に
許せない部分が沢山あり
3月に私がキレた。

それ以来
会うこともないし連絡も取らなかった。
ココアが亡き後
ルイに会いたい気持ちは分かっていたけど
娘も
私も
許すことが出来なかった・・・
親子で旅行に行くとき
彼は喜んで二人を預かってくれたし
有り難いと思っていたけど
そのときは許せなくて・・・

先週末
話がしたいと連絡があり
8ヶ月ぶりに会いました。

家に来て
ルイは忘れているかなーと思ったけど
覚えていて
彼の膝に乗りスヤスヤ寝始めた。
ワンコってすごい。と思いました。

本当に久しぶりに二人で
御飯に行き・・・
話をしました。
私はあのときの事を責める話は
しませんでした。
ココアの話
ルイの話をすると
彼の目から涙が溢れているのを
何度も見て・・・
趣味もないこの人が
本当に楽しみにしていた二人に会うこと。
時間がたっても
ココアをこれだけ愛してくれていて
ルイを心配してくれていて・・・
ココアの事で泣ける相手なんだなって
思いました・・・
沢山、話をしましたが
彼が発した

ココアとは死に別れ
ルイとは生き別れになるのかと
思ったら辛かった。という言葉。

あのとき
怒っていた私も
気持ちが落ち着いて
少しだけ許せる気持ちになりました。
「娘はまだ怒っていますが」

また時間のあるときは
遊びに来てあげて・・・と言って
別れました。

彼とのこの先の付き合い方は
こぅちゃんが残した宿題の一つだと
思っていました。

ママ・・・そんなに怒らないで
もうオヤジを許してあげてよ。
良いところもあるんだよ・・・と
メッセージが来たのでしょうか・・・

拙い長文になりました。


13527635049730.jpg



私が脱いだはんてんに寝るルイ。
これはココアが良くやっていたね。
ココアが居た頃から
ルイは憧れていたのかな・・・
最近、よくやっています。


13526264117362.jpg

そしてかなり早いけど
娘からクリスマスプレゼント
ゴディバ熊。
これでゴディバシリーズは3つ目。
今月末
韓国に行くから先に
ごますったねー笑

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【週末に感じたこと。「】

私は離婚してしばらくしてから同級生とお付き合いを始めました・・・一緒に娘と3人で暮らしたこともあり

コメントの投稿

非公開コメント

これから先の人生

なぁちゃん いつまでも自分の側に 
居ないんだよ~・・・・
ただ いつも私思うこと
一緒にお墓に入っても良い存在かって・・・
息子には家族で入るお墓がいいな~って
そんな時 
なんだかんだ次男で良かったな~って
実家の父のお墓は犬も良い
兄に私ここに入りたいって言ったら 
おいでって・・・・
娘なんて嫁に行ったら 旦那側のシキタリ
夫婦なんて他人だよ
その他人の家族構成の中で苦労もある・・・
恋愛は縁
結婚は運
縁から運を共に終わらる事出来れば
一件落着な人生
そんなに・・・成り行き人生
行き当たり ばったり
それも良いと思うよ
考えたって一生は・・・・
生まれた その時から決まってるんだって
悩むのも考えるのも
神様は お見通し
その人に 何かしてあげたい
それが女になきゃ ストレスの人生
な~んちゃって
男と女は 計りに はかれないもんね
少し穏やかに思える様になっただけ
大人ジャン
・・・・クリスマスか~
我が家はクリスマスもお正月も
また静かな 平日と変わらない時間かな・・
旦那でも居なかったら
何も作らないかも・・・
だめ駄目 女・・・・目に見えてる。

離婚したお友達が、いまでも、一人の夜は寂しいと言います。むずかしいね。

韓国ですね。エステかな??
それとも買い物??
なぁちゃん、ゴマすり上手になっていきそうですね。ふふふ・・・

娘はいつまでも、子供。
今、恋愛するつもりはないけど
相手が誰であれ
いいんじゃない。というスタンスは
取るでしょうが
祝福はしないと思いますね!
早く嫁入りしてくれー

1人孤独死するな…私…(笑)

1人は淋しい。と思うことは
ないのですが、気持ちは分かりますね!
ココアとルイがいれば
本当に1人ではないからだと思います。

韓国は買い物みたいです!
私は食べ物が苦手なので
行きたいとは思わないけど…

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ママちゃん

Author:ママちゃん
お兄ちゃんのココアは
2012年1月9日
7歳の誕生日を迎えて5日後に
逝ってしまい虹の橋6年生に進級です。
ルイも気付けばシニアですが
頑張り屋さんのルイに癒やされています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR