スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私たちのこれから。

ルイを送った日のお天気が
いつもルイと出掛けるときの空でした。
花曇りで
太陽は出てないという・・・
ルイらしいお天気でした。

書いては保存の繰り返しで
なかなか綴れないです。

社会人失格。と言われても
仕方ないくらいです。
5日も会社を休みました。

まだいいよって言ってくれたけど
いくらなんでも・・・
泣いてばかりで復帰した日も早退。
ダメだな・・・私。

IMG_9641.jpg

鍼の先生が届けてくれました。
目が不自由ですから
字が曲がっています。
必死で書いてくれたのだと思います。

何をして良いか分からないから・・と。
役に立てずにと言われましたが
最期まで歩かせてあげたい。という
私の願いを叶えてくれたのは先生です。

開業してヒマで誰も来なくて
心が折れそうなとき
ルイとの出会いがあり、
俺にはルイがいる。と自分を
励ましていました。
だからルイには助けられたのです。と
言ってくださいました。


IMG_9642.jpg


取引先の社長さんからも
犬になんか買ってやって・・と不器用に渡されました。

言葉にすれば
飼っていた犬が死んだ。ということだけなのに
皆さん
寄り添ってくれて・・・

今までちゃんと生きてきて良かった。
ここで真面目に働いて来て良かった。と
思います。
何も人様に自慢できることなんてないけど
私は回りには恵まれています。
これは自慢できると思います。



何度もここで話しているように
ルイはココアがいなくなってから
お留守番が出来なくなりました。
躾の問題だと批判される方もいると思いますが
ココアがいなくなったことへの不安。
それでルイがお留守番出来ない子になったこと。
私たちは受け入れました。
会社にも有り難いことに
連れてこさせてもらえていたのは
心より感謝です。


ご飯を食べに行くのもルイがいける所。
友達も協力してくれ、お店側に
交渉してくれて
ルイは大人しいので
何軒かは入れるようになっていました。
これだって回りの理解のお陰です。
無駄吠えしない。というルイで良かったです。

お付き合いでルイを連れていけない時は
なぁと私
どちらかが家にいる。
だからこの日、出掛けても良い?と
お互い都合を聞いていました。


IMG_9638.jpg
ポポちゃんもルイに持たせたので写真を最期に撮りました。


旅行も母子二人で行くとこはなく
どちらかが残る。という形でした。
ペットホテルという選択はなく
お留守番チームにしていました。
ルイとの生活は少し不便なこともありましたが
私はその不便さを楽しんでいたところもあります。

寒くてもテラス席。
テラス席にルイがいけるなら
コート着て・・
ルイもモコモコにして食事をする。
海の方はワンコが入れるところが
沢山あるので調べて出掛けていくのも
とても楽しかったです。


IMG_9639.jpg
ポポちゃんも我が家に来て12年。ありがとうね。


少し不便な生活から
私たちは何も不便がない自由になりました。
この
自由さがダメです。
慣れない。
自由さが泣けて仕方ないのです。

いつでも気にせず出掛けられるのに
どこにも行こうとしない。
長年のクセですね。

沢山、友達が
なんて言って良いか・・・
言葉がないよって連絡をくれました。
月並みだけど
ルイくんは幸せだったと思うよ。て
口々に言ってくれました。
言葉が出ないのは
気持ちがある人はそうなんだと思うのです。
なんて言えば良いんだろう。
軽々しく
お悔やみの言葉なんか言えないし・・と
思ってくれているのが
本当に分かりました。

朝晩
LINEをくれたブロ友さんもいました。
返事を書けていないのにブログにコメント
鍵コメを何度もしてくれた方。
ありがとうございます。

私がブログを始めたのは
ココアとルイを迎えたときでした。
以前は違う場所でやっていて
トラブルがあり
更新が出来なくなり
こっちへ移ってきました。

私の日記。
ココアとルイの成長記録のつもりで
書いてきたので
ここは私の好きなことを書いていいところと
思っていたのですが
SNSの世界の難しさ、煩わしさを
感じていたのも事実でした。

ヘルニアで、歩けなくなった時
整体やマッサージ、鍼を勧めてくれた方もいれば
批判コメントが来ました。みんな鍵コメ。

SNSの世界は
表面だけは仲良く出来たりするので
怖いです。

反面
親切に我がわんこの事のように
心配してくれたり
まるで私の姉のように接してくれたり
色んな知恵を与えてくれたり
素敵な方との出会いもありました。

わんことの生活は人それぞれです。
その家庭のルールでいいと思うのです。

その家庭の中で
決めた事を他人が批判することではないから。
夫婦には夫婦のルールがあるのと同じです。

私と娘にルールがあるように、他人には理解されない
ルールでも私たちはその中で生活していました。
そして
その中心には必ずルイがいました。


IMG_9640.jpg

小さくなったルイを連れ帰った日
なぁに謝りました。

ココアがいなくなってから5年。
なぁにパートで働かせて
あとはルイとお留守番という
親として娘の将来より
ルイを優先させたこと。
どーしても
ルイが中心で、なぁの人生を
止めてしまったこと。
これからは
自由で良いからね。と・・・
海外で暮らしたいなら行けば良いし
働くところも自由に決めて良いからね。
5年もの間
ごめんね・・・と。
なぁはやりたいことがなかったわけではないけど
今は考えていないし
どーしていいかわからない。
ルイといるのが楽しかったし
犠牲になんてなってないよって
言ったけど
折角、大学に行ったのだし
好きなことしなさい。と・・・

娘は小学校のときに
1学年上の子からいじめに遭い
中学にそのままあげても
その子達がいると思い
準備に2ヶ月しかなかったけど
受験をさせて、中学から私学に行かせました。

働き手が女一人の我が家。
学費も大変だったけど
なぁの成績が届いていたから
私学へという選択をしました。

その頃は母も入院していて
母の入院費となぁの学費で
経済的にはかなり大変でした。
誰からの援助なく一人の稼ぎ手ですから
経済的には苦しかったです。

これからは
なぁはしっかりと道を見つければ良い。
5年という月日・・・ありがとう。と ごめんね。です。

ココアに残された宿題は
全部ルイで答えを出そうと思い生活してきた5年。
ルイに残された宿題は
答えが出せないでしょう。

私の人生でルイは最後の子です。
もう
ワンコを迎えることはないです。

まだ若いよと言ってくれますが
自分の年齢も考えれば
いつまで元気でいるのかなんて保証もないし
ワンコに対する責任も取れないし。

ココアが亡き後も
ブログタイトルを変えずに
やってきましたが
ルイも失った今
ブログを続ける意味はないので
そろそろ卒業です。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ママちゃんさんの想いが良く伝わりました。
なぁちゃんへの想い、私達や周りへの想い、
ルイちゃん、ココアちゃんへの想い...
私もママちゃんさんを見習いたいけど、
同じようには行かないと思うけど、近づき
たいな。

No title

始まりがあれば終わりもある・・・
ワン子フログ・・卒業
それはそれで あり。
卒業式しなくちゃ…
いつもとっても そのままな気持ちのブログ好きでした。
こちらこそ 沢山 楽しませて頂きました
「ありがとう」を 返します。
寂しくなります
我が家もジャイで最後・・・
ドレミが亡くなって 5年7ヶ月・・・
ジャイが来てから5年3ヶ月・・・
ペットロスで顔面麻痺にもなったし この月日・・・
ブログを通じて 沢山良い事がありました。
しょうもないブログですが…また遊びに来てくださいね…
ママちゃんのブログ消さないでくださいね
読み返しながら…思い出していました。
・・・卒業の日まで・・・
寂しいけれど ブログアップして下さいね。
楽しいブログ・・・ファンの1人でした・・・

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

ココアちゃん、ルイちゃんのブログがあったから出会うことができました。




ごめんなさい・・やっぱり言葉がみつからない。
プロフィール

ママちゃん

Author:ママちゃん
お兄ちゃんのココアは
2012年1月9日
7歳の誕生日を迎えて5日後に
逝ってしまい虹の橋6年生に進級です。
2017年5月29日最愛のルイも虹の橋へ・・
ブログを卒業しました。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。