12回目のうちの子記念日


母の命日にコメント
ありがとうございました。
母が大好きです。
私の人生で尊敬する人は
母だけです。
これからも
その気持ちは変わらないと思います。
母のように
子供を大きな愛で包みたいと思います。



今日はココアのうちの子記念日です。
会えなくなって5年ですが
うちの子になった日に変わりはないので
今日は少しココアの話を・・・






なぁのパソコンから出てきた写真。
亡くなる数日前ですね。
目が突然見えなくなり
ココアはパニックを起こしました。
私は仕事で不在で
やっとなぁの抱っこで寝たときの写真。

やっぱり可愛い。


IMG_8287.jpg

病気になってからは
顔つきが変わりました。

何度もお話してますが
ココアは代犬で我が子になりました。

先代のチョコは1週間で亡くなってしまい
ペットショップとの契約で
亡くなったら代犬を・・というものでした。
チョコが亡くなり
私は代犬を迎える気持ちはなくて
お金も返金されないのは理解した上で
飼わない。と言ってました。
それを説得したのがなぁでした。

ママ、折角犬を迎えると決めたんだから
もう一度迎えた方が良いよって・・
ショップに行くと
ヨーキが上下に2匹いました。
上にいた子は顔の毛がシルバーで
下にいたのがココア。
顔の毛がゴールドでした。
私は上にいた子を抱くこともなく
ココアを抱きました。
ココアは
私の手を甘噛みして
抱くな~という感じでしたが
チョコの事を思い出し
泣きながらココアを抱いてました。

チョコが小さかったので
私は大きな子が良かった。
顔立ちも大きさも
私にはベストでした。
そして
ココアは我が子になりました。


FullSizeRender.jpg

臆病なくせに無防備で
ルイが絶対にやらないへそ天をいつもしてました。

怒られると
反省して10分くらいすると
そっと膝に乗ってきて
ごめんなさい。をする子でした。
仕事に行こうとすると
膝に乗り・・行かないでアピールをしてました。
トイレの躾けも無駄吠えしないということも
ちゃんと覚えて頭の良い子でした。
駐車場からマンションまで歩いていると
私の足音で玄関まで来ていて
ルイに見つからないように甘えてました。

いたずらだけど優しくて
ルイを可愛がり
私たちを癒やしてくれました。

あの時
なぁに説得されて
ココアを迎えて本当に良かった。
ココアに出会えて良かった。
母同様・・・悲しみはなくなりましたが
ココアがいない寂しさはずっとあります。
5年経過しても
リビングの指定席にココアがいないことが
寂しいなって思います。

デカヨーキで5キロあったココア。
私はその大きさが大好きでした。
早起きで毎日5時半に起こされて
休みの日にもう少し寝て~とお願いしても
ママ~起きろ~と耳元で文句言ってました。笑

一緒に暮らせたのは7年という短い時間ですが
ココアとの思い出は今でも鮮明に覚えています。
そして・・・
もっと一緒にいろんなところに行けば良かった。と
後悔してます。
ココアがいたころはルイはお留守番ができたので
人間の都合で・・・
二人でお留守番させていました。
今みたいに
わんこが入れるところをちゃんと探して
連れて行けば良かった。

ココアに会いたいといつも思います。
触りたい・・・
ルイもココアに会いたいと思っているのかな・・・

ねぇこぅちゃん。
ママはこぅちゃんのママになれて
本当に良かった。
あんなに泣いたし立ち直るのにもかなりの
時間がかかり
みーんなに心配かけてしまったけど
それでもこぅちゃんと暮らせた7年は
幸せでした。
ありがとう。
本音はもっと一緒にいたかったし
シニアのこぅちゃんを見てみたかったよ。

ルイのことを見守ってね。

こぅちゃん
いつまでも大好き。

いつか会えると信じているよ。
スポンサーサイト

5年を迎えました。


2012年1月9日

ココアが息を引き取りました。

あれから
5年です。
ルイは11歳になり4月には12歳・・

ココアの病気が分かり
余命を聞いたとき
帰りの車で声をあげて泣きました。
泣いている私を
不思議そうに見ていたココア・・・

母に続き
ココアの命の期限を聞くとは
思ってもいなかった。

こぅちゃん
あれから5年です。
ママも
なぁちゃんも
ルイも
みんな5歳、年を重ねました。
ココアは若いままだね。7歳のまま・・・




いつもこの角度で
カメラのこちら側にいるママを
見つめていたこぅちゃん・・・

大切な時間は
その時には分からなかったりするね。
今となっては
この瞬間、瞬間を
もっと大切にすれば良かったと思います。


IMG_2296_20170107133823e73.jpg

数少ない家族写真。

必ず
ママがこぅちゃんを抱いてました。
こぅちゃんは抱かれると
必ずキスをしてきたよね。

こぅちゃんが
ママを大好きだったことは
間違えないんだけど
ママがこぅちゃんを好きな気持ちの方が
大きかったと思うんだ。

今でも大好きだもん。

若くして死なせてしまったことを
ずっと引きずっています。
それは今も同じなんだ。

ただね
もう悲しくはないよ。
ただ
寂しい・・・
ずっと寂しい。


32359589.jpg

ピノコさんに描いて頂いた絵のように
チョコと二人でお空から
ルイを見守ってくれているでしょ。

ねぇ
こぅちゃん・・・
ルイ頑張っているでしょ・・・
病弱でヘナチョコなルイだったけど
今はすごい頑張っているでしょ・・
こぅちゃんが力を
貸してくれていると思っているよ。
ありがとうね。

ねぇこぅちゃん
甘えたくなったら夢に出てきて。
ママ、いくらでもこぅちゃんを抱っこするよ。
キスもする。
会いたいね。
触りたいな。

いつまでも
こぅちゃんはルイのお兄ちゃん。
守ってあげてね。
力を貸してあげてね。
いつまでも
お願いばかりでごめんね。

大好きなこぅちゃん。
いつか
ママと再会しようね。
再会したら
もう離れなくて良いんだよ。
ずっと一緒にいられるんだって。

大好きだよ。

ココア12歳おめでとう


今日はココアのお誕生日。
生きていたら12歳!
死んだ子の年は数えるものじゃない。と
言われますが…
数えてしまいます。




生きていたら
どんなシニアになっていたのかな?
と想像してしまいます。

ルイと同じように
寝てばかりいたのかな?
日向を見つけてはお昼寝していたのかな?
少し足腰が弱くなり、お散歩も
あまり行きたくない子になっていたのかな?
白内障になっていたのかな?

やっぱり
シニアになったココアに
会いたかった。と思ってしまいます。


20170104102456fc7.jpg

いたずらばかりして
パピーの頃は下痢ばかりしていたね。
その度ママはココアを抱いて
病院に走りました。
受付の奥さんに
はい!いつもの薬。と言われたり…

頑固で言い出したら聞かなくて
でも臆病でルイに優しくて…
ホントにいいお兄ちゃんでした。

ココアがお兄ちゃんじゃなければ
ルイを迎えたい。とは
思わなかった。
ココアなら大丈夫!と思ったから
ルイを弟として
迎えたんだよね。

5年前の今日
ココアは調子があまり良くなかった。
それでも
帰って来たママを玄関まで
迎えに来てくれた。
お誕生日プレゼントは
ステーキだったね。
来年もお祝いしようね。と
ココアに話したのが
昨日のことみたいです。

一月に生まれて一月に逝ってしまった。
ママは今でも一月が苦手です。

でもね
ココアに会えて良かったし
ココアのママになれて幸せでした。

こぅちゃん
お誕生日おめでとう〜
いつまでも
ママの大切なこぅちゃん。
お空からルイを守ってくれてるんだよね。
ありがとう。
大好きだよ。こぅちゃん!

今となっては宝物



なぁの携帯か・・・
何かから出てきた写真。

ココア
甘えん坊で
ザ・イヌって感じで
面白かった。

聞き分けが悪く・・笑
頑固なのに
ママに怒られると
時間をみて・・
膝にそっと乗ってくる。
そしてゴメンねのチューをしてきた。




この写真は
病気が進み
顔に正気がないけど・・・

姉のところから持って来ちゃった
キリンのぬいぐるみを
背中に乗せてみたとき。

チョコが小さくて600グラムで
亡くなったので
ココアを迎えるとき
大きい子が良かった。
大きい方が丈夫だと思ったから・・・
病気になるまでは
元気で病気なんて無縁だったね。
お散歩が大好きで
言い出したら聞かなくて
文句ばかり言うし
いたずらばかりするし・・

でも
ココアがいた頃は
笑ってばかりいました。
ココアのやることって笑えた。
いたずらも半端なかったし・・
椅子やテーブルに載ってはダメと
教えていたけど
私たちが出掛けるとすぐ飛び乗っていて
忘れ物をしたときに
取りに戻ると
ヤバって顔していたね。
そんなココアの姿を見ていて
いつも笑っていたように思います。

ルイが具合悪くなると
すぐ気付いて教えてくれた。

仕事から帰ってくると
鍵の音で分かっていて
いつも玄関で誰よりは早く
ママを迎えて
ルイより先に撫でてもらうのが好きだったココア。


IMG_5933_20161107132331def.jpg

ココアがいた頃は
なぁはココアばかり可愛がり
ルイの事
全然、可愛がってなかった。
よくママにそれを怒られていた。
今は仲良くやっているけど。

たった7年で逝かせてしまったけど
ココアと出会えて本当に良かった。
ココアを迎えて次にルイを迎える不安が
あったけど
どこかママには自信があった。
ココアなら大丈夫。ルイと仲良くする。って。

今となっては
どんな写真でも
ママには宝物になります。

ふわふわの綺麗な毛
本当に気持ちよかったな。
触りたい。


出勤したらすぐ
訃報が・・・
よく一緒にゴルフしていた取引先の社長さん。
昨日の朝、突然亡くなったと。
びっくりというか
言葉が出なくて
体が震えてしまった。
来週も
元旦も一緒にゴルフに行く約束をしていたのに・・・
人って死ぬんだ。なんて言葉が
頭をよぎりました。
少しでも後悔のないように今を大切にしよう。
大切に生活しよう。

ココアの夢


ココアが虹の橋に渡ってから
ココアの夢を見たのは3回。
遠慮しているのか
なかなか出てこない・・・
3回のうち
2回は・・
ココアがもう息を引き取っているという夢です。

元気に走り回ったり
日常の光景の夢はなかなか出てきてくれない。


1262339835_20161003164518fe4.jpg


いたずらしたり
甘えてきたり
私が見たい夢には
なかなか出てきてくれないです。

淋しいけど・・・
きっとココアの都合もあるのでしょう。と思っています。

昨日の夢も
もう
息を引き取っていて・・・
私がココアを撫でると
ゴッソリ毛が抜けてしまい
ココア・・・と声を掛けると
生き返るけど
また倒れてしまうという夢でした。

初めてココアが出てきたときは
私がココアを殺してしまうという夢でした。
私はまだ
自分でココアを殺してしまった。という
自責の念があります。
たった7年の犬生で逝かせてしまった・・という後悔が強いです。
ずっとずっと
ココアに会いたい気持ちは強いし
後悔ばかりしているから
こんな夢しか見れないのかな・・・

ココアに会えた~と明るい気持ちになれる夢や
目覚めたときに明るい気持ちには
なれない夢が多いです。






柔らかい毛
くりくりの目
大きなお鼻
骨格の良い体。
全部
大好き・・・
いまでも大好き。
いつまでも大好き。

この気持ちが消えることはない。
と思います。

でも・・・
たまにはママが起きたときに
笑顔になれる夢に出てきてほしいなっ。
ココアの都合でいいから・・・

ココアの月命日を前に
ココアから
ママ、ボクを忘れないでよって
サインかもしれない・・

忘れないよ~
忘れるわけないでしょ・・・
毎朝
お話しているでしょ・・・

やっぱりココアに会いたいな。

プロフィール

ママちゃん

Author:ママちゃん
お兄ちゃんのココアは
2012年1月9日
7歳の誕生日を迎えて5日後に
逝ってしまい虹の橋6年生に進級です。
ルイも気付けばシニアですが
頑張り屋さんのルイに癒やされています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR